修復のお仕事

偉そうに忙しい!忙しい!と騒いでいるけど、いったい何をやっているの???
とお思いでしょうが、特別変わったことをしているわけではありません。

毎週末,青山で開催しているマーケットの運営をし、買い付けてきた品物の整理、
手入をしながら代官山のツタヤで展示し、秘密基地では家や作業場の修繕をしながら
デザイナーと組んでやっているプロダクツの企画、製作などをしていると
あっという間に時間が過ぎていくのです。

それ以外にも家具や道具類の修復の仕事もあるのです。
引っ越ししている間は場所もない上に道具や材料も箱詰めしてあるので、
できるだけ待ってもらっていたのですが、それでも急ぎの仕事は仲間から
材料を分けてもらってなんとかこなしていました。
荷物の移動が終わって、作業場が使えそうになってくると溜まっていた
修理品が一斉に押し寄せてきました。
持ち込まれるものは、和物、洋物,アジア、アフリカまで様々です。

f0319733_033527.jpgf0319733_061616.jpg


f0319733_043341.jpg


f0319733_021776.jpgf0319733_052661.jpg

移動は終わったものの、まだ道具類は箱の中、修理しながら開梱して探すというわけで
なかなか作業が進みません。ご依頼いただいてもまだ、お預かりできていないお客様は
もう暫くお待ちください。

木製品と金属の修復を承っていますので、ご希望の方はこのブログのコメント欄を使ってください。
非公開にすれば私以外は見ることができなくなります。
少しお待ちいただくことになるとは思いますが、頑張って直します。

こうやって作業に追いかけられていると、早世した戦前のオートバイの修理を生業としていた友人が
自戒の念を込めて言っていた言葉が思い出されます。
  「早い、安いも腕のうち」
[PR]
by guthries | 2014-12-07 00:28 | restoration
<< あけましておめでとうございます イタリアの椅子 >>