カテゴリ:stock( 10 )

Plow

イギリスの農具、鋤です。地面を耕すのに使ったものです。
柄の部分が折れてしまっています。
f0319733_23570505.jpg
現代のものは金属製ですが、これは木を金属で補強してあります。
日本でも古い物は同じように木を金属で補強したものがありますが
使われているのは樫などの堅木。
f0319733_23573694.jpg
それに対してこの鋤は針葉樹、たぶん松を使っています。
強度的に大丈夫だったのか疑問ですが、度々見掛けるので
問題なかったのでしょう。
f0319733_23571422.jpg
木を使うのは重量を軽くして作業性をあげるため。
今ならアルミやカーボンを使うのでしょう。
f0319733_23572542.jpg
使い込んだ鉄と木の組み合わせ、必然性のある意匠。
非常に魅力的、花を一輪のせるだけで様になります。
素敵なディスプレイのアイテムとしてお使いください。

19世紀中頃だと思われます。
8000円です。


[PR]
by guthries | 2015-07-08 00:26 | stock

U.K. Phone

オランダの電話機に続いてはイギリスの電話です。
同様にモジュラーをさせばすぐに使えます。
ダイヤル回線かIP電話なら送受信とも問題無し。
懐かしいベルの音が響きます。
f0319733_09132138.jpg
エッジの聞いたデザインは戦前から変わりませんが
これは前面下部にあった引き出し式の電話帳が
メクラにされた1960年以降の物。
f0319733_09132994.jpg
受話器の口のほうにはカバーがついていてクラシカルでカッコいい。
f0319733_09133868.jpg
この頃はダイアルのなかのアルファベットにを置き換えて
電話番号を憶えていたようです。
f0319733_09134866.jpg

CALL EXCHANGEのボタンでキャッチホンにも対応しています。

32,000円です。




[PR]
by guthries | 2015-06-22 09:53 | stock

Dutch phone

また投稿の間が空いてしまいました。スミマセン。

ヨーロッパからはとっくに戻ったのですが、急遽東京から拠点を足利に移すことになり、
家の改修や荷物の移送に追いかけられていました。
今まで名草にはネットの環境がなくiPhoneのデザリングを使っていましたが、
こちらの暮らしが中心となるとそうもいかないので、これを機に光回線を引くことにしました。

申し込み時にはいろいろオプションがついている割引のパック料金が設定されていて、
開通後にキャンセルするという煩わしいシステム。
携帯もそうですが、なんとかならないのでしょうかねぇ。

そのオプションの中に「IP電話」というサービスがあり、既に番号も割振られています。
説明には電話機は指定はなく、プッシュ回線用、ダイヤル回線用どちらも使えるとあります。
まさかと思いながらも、黒電話を試したところ普通に使えます。
ちゃんと呼び出しベルも鳴るし、もちろんダイヤルを回して発信も大丈夫。

プッシュ回線の普及でディスプレイくらいしか使い道のなくなっていた
電話機たちですが、新たな働き場所ができたという事で強力プッシュです!

まずはオランダから、
f0319733_09042332.jpg
f0319733_08121654.jpg
現在ではKPNという民営通信会社の前身、当時はオランダの国営電話会社 だったPTT の電話機、6、70年代のものですがまだまだ現役です。ジャックをモデムに差し込むだけですぐ使えます。
アムステルダムで使われていたらしく当時の番号がダイヤルの中心に書かれています。
f0319733_08122539.jpg

23,000円です。

[PR]
by guthries | 2015-06-17 09:16 | stock

prototype chair

フランスの小さな椅子です。
シンプルなデザインですがバランスが良い。
19世紀末頃のものだと思います。
f0319733_23295142.jpg
奥行きが狭く、背もたれも立っているので
ゆったりといった感じではありませんが
意外と座り心地はいいです。
サイズからすると子供用にと企画されたのかも、、
玄関において靴を履くときに使ったり、
手荷物の仮置き場にするのに良さそう。
f0319733_23301724.jpg
左右で違う材を使ったり、厚みを合わせる為に張り合わせたり
してあるところをみると試作品なのではと思われます。
あまりにシンプルなデザインなので素人のD.I.Y.ではとも思いましたが
組みの精密さ、アームの凝った造形を見ると
間違いなくプロの職人が作っています。
f0319733_23304744.jpg
W570 x D480 x H770 x SH330
50000円です。


[PR]
by guthries | 2015-04-07 23:51 | stock

original smoker bow

イギリスのアームチェアです。
ウィンザーチェアの上部を切り取ったようにも見えますが
これでオリジナルです。
f0319733_02014768.jpg
それが証拠に曲げ木を支えている支柱が貫通していません。
後にスモーカーボウとかキャプテンチェアと呼ばれる椅子たちの原型です。
時代とともにゴツくなっていきますが最初はこんなに華奢だったのです。
f0319733_01595661.jpg
木目のきれいな小振りなエルムの座面は、もちろん一枚もの。
身体を包み込むような優美なアームはユウ。
是非一度味わってもらいたい座り心地です。
f0319733_02004341.jpg
カントリーチェアならではのスッキリしたフォルムに
使い込まれた木の質感も素晴らしい。
f0319733_01584672.jpg
18世紀末から19世紀初めのイギリス製。
W560 x D450 x H670 x SH410
sold


[PR]
by guthries | 2015-04-03 02:22 | stock

Italian chair

チョット間が空いてしまいました。ごめんなさい。

今回は家具です。

1700年頃のイタリアで作られたきれいな椅子。
リプロダクションが沢山出回っていますので、
似たようなものは目にしたことがある方も多いのでは。
f0319733_17060220.jpg
正面から見るとこんな感じ。
背中の抜けた感じがたまりません。

材は栗のようです。
f0319733_17072163.jpg
小振りで座面も低くめです。脚部をみてもあまり使用感がありません。
背もたれが高く、垂直に近い角度になっていますので、実際に座るというよりは
ホールや廊下などの壁際に置かれていたと思われます。
W400 x D390 x H930 x SH390
f0319733_17051892.jpg
後ろ脚に鋸目がハッキリ残っているのが見えます。
座面の裏側や後部も荒削りのままです。
薄くなった塗装の下から製作時にけがいた線が見えています。
向って左の上部が欠けたらしく、接ぎ木をしてありますが
ほとんど判りません。その後の使用感もありますので随分と
古い直しでしょう。

f0319733_17065218.jpg
本来の置き方では見ることない角度ですが、こちらも美しい。
虫喰いだらけですが、強度は問題ありません。

 120000円です。

[PR]
by guthries | 2015-03-26 17:49 | stock

wood carving

立体感のあるイタリアの木彫です。
f0319733_23195521.jpg
置いておくだけで絵になりますし
チョットしたディスプレイにも最適です。
f0319733_23181985.jpg
手彫りならではの荒々しい躍動感が感じられます。
f0319733_23190659.jpg
材はチェスナットだと思うのですがですが、
マホガニーのようにも見えなくもない。
どうもハッキリしません。
f0319733_23205021.jpg
裏面は接着面のようですので
家具や建物につけられていたのでしょうか?
額縁の飾りだったような気もします。
f0319733_23254590.jpg
売り主は17世紀のものだと言っていましたが
その当時イタリアで彫刻を貼付けるという事を
やっていたのか疑問です。
部材に直接彫込んでいたのではと思います。
どちらにしても、質感、作業法などからみて
そう新しいものとは思えません。
100〜200年は経っているのではと思います。

                          8000円です
[PR]
by guthries | 2015-03-01 23:45 | stock

Candle Lantern

イタリアのキャンドルランタンです。
f0319733_23431328.jpg
3方に窓のある珍しいタイプ。上から見るとこんな感じ。
f0319733_23523303.jpg
なぜか均等にはなっていません。
扉があるせいなんですけど。
f0319733_23434182.jpg
かなり使い込んだらしく、火で炙られる
上部が傷んでいます。
f0319733_23422382.jpg
とはいえ、まだまだ現役で使えそうですけど、、

時代は20世紀初頭でしょうか?
12000円です。

[PR]
by guthries | 2015-02-28 00:03 | stock

蔵出し

イタリアから着いた貨物の整理もままならないまま
日々の雑務に追われています。
f0319733_12564807.jpg
昨年春のイギリス、秋のイタリアで仕入れてきたものも
片付かないまま、バラバラと売れたりして
ますます訳が判らなくなっています。

ジャンル別にまとめて整理しているとピューターがこれだけ揃いました。

f0319733_12562025.jpg
まとめて明日の青山Weekly Antique Marketに持っていってみることにします。

古い椅子も一脚ぐらい持っていこうか、、、、

天気も良さそうですので、どうぞお立ち寄りください。

[PR]
by guthries | 2015-02-13 13:11 | stock

商品補充

代官山蔦屋での展示,そろそろ2週間になります。
有り難いことに、商品も減ってきたので、商品の補充に行ってきました。
といっても、家具はまだ動かず、小物だけですけど。
その中からいくつか紹介します。

f0319733_2255497.jpg
まずは幼児靴の木型。何ともいえず可愛らしく、つい手元に置いておきたくなってしまいます。何に使うの?って言われると困るんですけど、、、

f0319733_22223463.jpg

次はフランスのジャグ。20世紀初頭のエナメルはボッテリとした質感です。フォルムもおおらかでホッとします。

f0319733_2225314.jpg

これはお気に入りで最初から展示してあるのですが、まだ嫁ぎ先が決まりません。1900年頃のイギリスのレタースケールで古びた質感がたまりません。1/2オンスまでは下部の目盛り、それ以上になると中央右側の目盛りで表示します。もちろん実働ですがポンド、オンス表示ですので日本では換算しなくてはなりません。
これを見るとレオナルド ダ ヴィンチのVitruvian Manを連想してしまうのはボクだけでしょうか?
[PR]
by guthries | 2014-11-23 23:11 | stock